Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: ./top01_link.xml:31: parser error : Extra content at the end of the document in /home/hkexdco4/public_html/index.php on line 5

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: </links>> in /home/hkexdco4/public_html/index.php on line 5

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: ^ in /home/hkexdco4/public_html/index.php on line 5
不動産屋にいる宅建主任者
 

不動産会社で必要資格

不動産屋にいる宅建主任者


トップ
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産会社の宅建資格

不動産会社において宅建は重要資格です。正式には宅地建物取引主任者資格で、これは賃貸でも売買でも必ず事務所ごとに従業員5人に1人必ずおかなければなりません。(例えば従業員7人ならば、そのうち2人は資格をもっていなければいけません)。また、契約を交わす際に必ず交付される、不動産物件のの広さや設備等が書かれた重要事項説明書の説明をするのも宅建を持った人がしなければならないと法律で決まっています。ただ、勘違いされる方が多いのですが、各事務所の責任者が資格をもっていなければならないということはなく、資格のない責任者はたくさんいます。

宅建の資格は就職に使えるのか

不動産業界に行きたいときに、宅建の資格を取ったほうがいいのか、という質問が数多く出てきます。しかし、資格があれば仕事の上では便利です。重要事項説明の読み合わせなどでは、必ず有資格者が行う必要がありますし、資格を持っているというだけで信用にもなります。ただ、それだけで厳しい不動産業界で生き残ることができるかというとそれほど甘くないわけです。営業成績を上げることが最優先ですので、宅建の資格が使えるか使えないかという質問でいうと、就職する際に業界に入るときには使えると考えてよいでしょう。入社してからは実力がものをいいます。