不動産でお金持ち?

不動産転売の投資について


トップ » 不動産転売の投資について
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産投資での転売について

土地や建物を購入しておいて、他人に売却してその差益を得るというのが不動産の転売です。つまり、自分がそこに住むためにではなく、その値上がりを見込んであくまでも投資として土地や住宅を購入しておいて、その値がかなり上がって売り時だと思われる時期に売却することで、その売買差益を得るというわけです。もしも、比較的安値で購入することのできた不動産が値上がりしてくれれば、それを転売することでかなりの利益を得ることができるでしょう。しかし、必ず値上がりするという保証はないわけですから、もし反対に下落してしまった場合には、逆に損失を被ることになってしまうわけです。

大きく転売で儲けられるか?

今の時代、本業とは別に何かしらの副業をして稼ぎを出している人はそう珍しくはありません。その一環として転売があります。投資として、不動産の転売などがよく知られていますが、転売とは商品を仕入れてきて仕入れ値より高く売ることで利益を出すもので、多くの人が行っているせどりがこれに当たります。しかし中々大きな利益を出すのは難しいようです。大きな利益を出すには、やはりコツコツとした努力が必要なのかもしれませんね。ですが、仕入れる商品を不動産にしてみてはどうでしょうか。一度で大きな利益を出すことは可能かもしれませんが、これでは業者と同じことをしていることになります。となれば一個人ではできませんよね。