不動産契約を破れば

不動産売買でのペナルティ


トップ » 不動産売買でのペナルティ
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産売買の手付金とは

不動産でいう手付金とは、特別に断りがない場合は解約手付とみなします。契約の意思をを示す時に買主から売主に支払われるお金のことです。一般的には、代金の10%から20%がほどの金額になります。これは、申し込み金とは全く異なる意味合いのお金です。例えば、手付金を支払ったあとに買主が契約を破棄する場合は、この手付を放棄しなければなりません。逆に売主側から契約を破棄する場合は、手付倍返しとなり買い主から受け取った額の倍の金額を支払うことになります。解約手付の意味を理解し、不動産売買の契約は慎重に行いましょう。

売買契約時の手付金について

不動産売買では、売買契約の際に手付金を支払います。これは買い主が売り主に対して支払うもので、その金額の相場は売買代金の10%から20%となっています。手付金を支払っただけでは、終了したわけではありません。最後の残金決済と物件引渡しが待っています。それで、不動産売買契約終了です。それまでに何らかの事情でどちらかが契約を解除した場合は、手付け放棄、手付け倍返しといったペナルティが課されます。いわゆる解約金としての意味合いが強いといえます。また、売買代金の一部として使われますので、引渡し時に売買代金を全額支払う必要はありません。