店舗で使える不動産

不動産には用途地域確認を


トップ » 不動産には用途地域確認を
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

店舗として使う不動産

不動産と言えば、住居としえて使う土地や家を想像しがちです。店舗としての使用をしたくて、土地や建物を探す時には、店をやってもいいところかを調べていく必要があります。店舗も大切な不動産です。店の業務内容によって、営業できない場所などもあります。それどころか、住居専用の区画などもありますので、探す時に注意してみなければなりません。また、取扱業者にも、土地や建物の用途を申し出て、協力を促す必要もあります。そして、経営を始めてから来客が少ないということがあってはいけないので、人口や人の往来についても調べましょう。

貸し店舗探しに奮闘する

私は長年の夢だった自分の店を持つことになりました。まずは貸し店舗を探すことにして、不動産屋めぐりに奮闘しております。なかなか、自分の思う店舗がなく何件も回ってようやく自分好みの物件をもった業者さんにめぐりあいました。担当の方も親切丁寧だし、物件については一目惚れでした。これから、自分の店を持つ嬉しさとやってやるぞという意気込みでこれからの人生が楽しみです。不安もありますが、夢だったことができるので精一杯がんばってみます。本当に良い物件に出会えたので、何件も回ったかいがありました。親切にして下さった不動産業者の担当の方ありがとうございます。